不用品回収業者正しく選んでトラブルを避けよう!

- トータルコストだけで選ぶのは危険?

更新情報

サイトメニュー

トータルコストだけで選ぶのは危険?

引っ越しや急な転勤、その他の事で、家の中の物を処分したい場合には、不用品回収を利用すると便利だと思います。
ひと口に不用品回収と言っても、様々な家の中の不用品を回収してもらう事が出来るので、様々な用途で利用する事が可能だと思います。
通常なら、行政の指定に従って処分しなければならないようなゴミも業者を利用する事によってまとめて綺麗さっぱりと処分する事が出来ると思います。

先ずは見積もりから

何らかの理由で通常のごみ回収に出せないような量のゴミを処分したい場合には、不用品を回収してくれる業者に依頼する事が良いと思います。
業者によっては見積もりも無料、ある程度の重量までは定額、限定された物は有料である事がありますので、先ずは見積もりをして貰う事がおすすめです。
大抵の業者は見積もりだけなら無料の所が多いので、業者に電話やメール等で見積もり依頼をして、実際に立ち会いの元で、見積もりをして貰うと良いでしょう。
また、見積もりは一カ所だけで無く、数社は利用した方が良いと思います。
見積額にも業者によって違いがありますから、トータルコストはどこが一番安いのか、そして便利に利用出来るのかをしっかりと把握する事が大切です。

トータルコストだけで業者を決定するのは危険?

見積もりをして貰い、おおよその見積金額を提示してもらった後、一番最初に目が行くのはトータルコストではないでしょうか。
トータルコストは安いに越したことはありませんが、それ以外の条件はどうなっているのかもチェックしなければなりません。
例えば、いつ頃回収に来てくれるのか、何人で回収作業を行ってくれるのか、依頼者側の都合に合わせて回収してくれるのか、何をどこまで不用品回収可能なのか等は、トータルコスト以外に見落としがちです。
その為、「自分の条件に業者がどこまで対応してくれるのか」と言う点も視野に入れて業者選びをしなければならないのではないかと思うのです。

トータルコストが変動するか、定額であるかも重要

不用品を回収してくれる業者には、例えば軽トラック1台分なら何万円、と言った風に定額制である事も十分あり得ます。
また、完全従量制で重さの分だけの費用が掛かると言う業者も存在するのです。
トータルコストを考えてどちらがお得になるかは、不用品次第なのですが、そう言った事も踏まえて、業者選びをしなければならないと思います。
大型の家具や家電がある場合には、定額制の方がお得でしょうし、こまごました物が多い場合には従量制の方がお得な場合があります。

Copyright(C)2015不用品回収業者正しく選んでトラブルを避けよう!All Rights Reserved.